→最高の舞台が呼んでいます

イベント会社が参加者を募り行うコスプレ専門イベントは定期的に行われるようになり、
参加者も回を追うごとに増えていますが、
近頃ではこういった専門会社の主催するコスプレイベントではなく、
自治体や企業が企画・主催するイベントも増えています。

身近な場所では遊園地やテーマパークが、
施設を舞台として提供するイベントを開くことがあります。
入園料込みの参加費で、遊具に乗ることももちろん、施設内で撮影をすることもできます。
こういった施設でのイベントは、オールジャンル(どんな作品のコスプレでもOK)に
設定されていることが多く、さまざまな姿のコスプレイヤーが集うのが特徴です。
さまざまな施設が併設されている複合文化リゾートなどは、
近代的な建築物から日本庭園、野外音楽堂や展望台などもあることから
多くの舞台設定が可能で、やはりオールジャンルのイベントを主催しています。

それとは反対に、特定のコスプレイヤーだけを募って開かれる、
企業や自治体主催のイベントもあります。空港施設や歴史的建造物を提供してのイベントは、
そこが舞台であることを意識したコスプレでの参加者を募ることが多く、
そこには舞台となった施設のPRに一役買って欲しいという、
企業や自治体側の思惑が含まれています。
中には特定の作品のコスプレイヤーに訪れてもらうことを目的とし、
事前にSNSやイベントで告知を行う施設もあります。
ダムの高い防壁を、作品内に出て来た城壁に見たたての撮影を推奨したり、
工場地帯の夜景をSF作品の背景に見立ててもらうことを目的とし、
あえて夜にイベントを行う企業や自治体もあります。

日頃は見られない、入れない場所が提供されていることもありますから、
コスプレを楽しむだけでなく、そういった施設側の目論見に
のってみるのも楽しいかもしれません。