→オリジナルな結婚式

最近は、形式にとらわれず、
自分たちの趣味や希望をメインにした結婚式をあげるカップルが増えています。
「幸福」にちなんだ駅舎での結婚式や、富士山の山頂、
ダイビングスーツを付けた深海での式と趣向を凝らした、
時には驚くような結婚式の話題を耳にするようにもなりました。

式に招く相手も、会社の上司や同僚、友人や親戚といったオーソドックスなメンバーから、
当人たちだけで挙げる式や、通りすがりの人が誰でも参加できる式など、
「柵にとらわれない」「気を遣わない」「自分たちのため」
を優先した形に変わってきているようです。
結婚式事情がそんな風に変わりつつある中、
それでも女性にとってウエディングドレスはいまだ一番人気の衣装でしょう。
ところが、この機会に憧れていた衣装で式を挙げてみたいという人も増えているようで、
ここ数年はコスプレで式を挙げるカップルも出てきているようです。

また、披露宴は形式的なもので行い、
二次会は趣味の合う友人たちだけでコスプレパーティーを行ったという人もいますし、
結婚式や披露宴では諸事情で出来なかったからと、
結婚の報告を兼ねた新居案内には、コスプレでの写真を使ったという人たちもいます。
近頃では、海外でもコスプレウェディングの人気が高まっていて、
「コスプレをしている人であればだれでも参加可能」などという括りで
式を挙げたカップルのお祝いに、
見知らぬコスプレイヤーが山ほど訪れて親交を深めたという話しもあります。

一生に一度の機会だからこそ、オーソドックスな式をと考えるか、
だからこそ「自分たちらしい、楽しい式に」と考えるかは当人次第ですが、
憧れていたヒーロー・ヒロインの衣装で式を挙げるというのは、
より想い出に残るのではないでしょうか。

エーステクノロジー